お中元の依頼が簡単【意識して商品を選ぶと喜んでもらえる】

贈る時期は大切

お中元

7月上旬から中旬が一般的

日本の夏の風物詩の1つと言えるのがお中元です。お中元はお世話になっている人に日頃の感謝と相手の健康を気遣う気持ちを込めて贈るものとなっており、古くから行われています。近年はお中元のシーズンを1つの商戦として捉え、百貨店やスーパーマーケット、更にはカタログギフトショップなどがこぞってセールを行っており、賑わいのある光景が全国各地に広がっています。その様な盛り上がりのあるお中元ですが、実際に贈る際にはマナーには気を付けましょう。例えば、お中元を贈るタイミング1つをとって見てもマナーが問われます。お中元を贈る時期を間違えると、それはお中元では無くなり、暑中見舞いになってしまうのです。暑中見舞いの時期にお中元と言う名目で品物を贈る事を気にして悪い印象を持つ人は少なくなって来てはいるものの、厳密にはマナー違反となります。相手からの心証を悪くしない為にもしっかりとタイミングを考えて贈る様にしましょう。なお、お中元として贈る場合は7月の上旬から中旬、暑中見舞いとして贈る場合は7月の中旬から立秋にかけてとなります。店頭あるいはホームページで購入をするいずれの場合でもラッピングやのしを付ける際に案内があったり注意書きがされている事が多いので、それらも参考にすると良いでしょう。また、お中元を贈る時期は関東と関西で数週間のズレがあるので、その点も考慮するとより良いと言えます。県を一つ跨ぐだけでも異なるので注意しましょう。

Copyright© 2018 お中元の依頼が簡単【意識して商品を選ぶと喜んでもらえる】 All Rights Reserved.