お中元の依頼が簡単【意識して商品を選ぶと喜んでもらえる】

感謝の気持ちをこめて

女性

贈るときの基礎知識

お中元とは、道教の年中行事である「中元」に由来する風習です。夏場に、日頃お世話になっている人への感謝の気持ちとこれからもよろしくお願いしますという気持ちをこめて贈るギフトがお中元です。これからの仲を頼むという気持ちがあるため、基本的にお中元は毎年贈るものであり、その年限りの場合は「御礼」とするのがならわしです。お中元を贈る時期は、六月下旬から七月十五日頃までとされています。地域により差がありますが、近年は早まる傾向にあります。それより遅くなった場合は、立秋までは「暑中見舞い」、それより後は「残暑見舞い」として贈れば問題ありません。お中元はもともと先祖供養の意味もある行事なので、贈るものはお供え物の意味も持つ食べ物や飲み物がふさわしいとされています。夏場に贈るものなので、定番はメロンやすいかなどのフルーツやゼリー、素麺、ビールといった夏の風物詩などです。ですが必ずしもこうした季節感のあるものを贈るべきというわけではなく、先方が喜んでもらえるような品を選べば問題ありません。和菓子や洋菓子、調味料なども喜ばれます。お中元は本来目下の人から目上の人に贈るものなので、もらった側は特にお返しをする必要はありません。ですが親戚縁者や同僚、友人など目上、目下の関係がない場合は同等のものをお返しする方がよいでしょう。いずれにしても、もらった場合はお礼の言葉を伝えるのを忘れてはなりません。電話でもよいですが、手紙やハガキなどを使うとより丁寧です。

Copyright© 2018 お中元の依頼が簡単【意識して商品を選ぶと喜んでもらえる】 All Rights Reserved.